2007年12月12日

渋谷 インテリア


フランス雑貨でビューバーというものをご存じでしょうか。


ビューバー(ビュバー、ビュバール等とも表記)とはインクの吸い取り紙のこと。インクをつけすぎた時に使われていたもので、大きさは約13cm×21cmぐらいのものが多いです。60年代に企業が広告媒体として競って印刷していたそうで、今はフランスのアンティーク雑貨の定番になっています。


フランス雑貨の一つであるビューバー。まだボールペンが出る前の当時は文字を書くのはもちろんインクが主流。そしてビューバーは当然必要なものであったことから、企業の売り込みは相当なものであったと思います。ビューアーの他に、キーホルダーも50〜70年代は同様に競って生産されていたそうです。ちなみにキーホルダーで人気なのはブルボン社。


フランス雑貨のアンティーク愛好家にとって、ビューバーやキーホルダーは人気の一つ。当時はどういった広告がされていたのかを見て楽しむのも一つの魅力かもしれません。ビューバーで人気の高いものはサヴィニャック(Savignac)やモルヴァン(Morvan)などで、他にもいろいろ。


フランス雑貨のビューバーを一枚、額に入れてお部屋に飾ると、フレンチな気分になれるかも?


【送料無料】渋谷和子デザイン≪松葉≫【北緯50℃ライン】ロシア産グースダウン95%【国産】二層式キルト羽毛掛ふとん(ダブルサイズ:190×210cm)やわらかい超長綿80番手【1211インテリア5倍】【1214★インテ5倍】
商品価格:105,000円
レビュー平均:5.0

子連れでフレンチって・・・
子連れでフレンチって・・・先週の祝日に東京の渋谷で映画を観て、その後東急本店の某フレンチ店で食事をしたのですが、赤ん坊を連れた家族とか幼い姉弟連れの家族がいてちょっとうるさかったです。もちろん価格が高めのお店なので、ファミリーレストランみたいにドタバタ走り回っているという感じではないのですが、ときどき奇声をあげて、食事に集中できないことが何度かありました。メニューにお子様セットがありましたし、会計のときに「ここは子連れでも大丈夫ですか?」と尋ねたところ、「構いません」という答えが返ってきたので、お店のスタンスとしては「子連れOK」なのでしょうが、お店が良いと言っていても、お子様メニューが用意されていても、やはり子連れでそういうところに行くのはどうなのでしょう?(続きを読む)



渋谷パルコ「フランフラン」が年内で閉店−パート2営業休止で
シブヤ経済新聞
設計担当にインテリアデザイナーの森田恭通さんを迎え大規模なリニューアルを行ったばかりだった。 閉店は、耐震補強問題を受け年内で営業を一時取りやめる同パート2の ...(続きを読む)



渋谷 インテリアって、、
57歳無職男性(渋谷容疑者)、20代前後の美女10名とハーレム生活 <女性10人と男性1人の集団生活> 「一夫多妻」の男を脅迫容疑で『Barvillage』新カプセルマシーン「恋するインテリア」発売 株式会社ジークレスト(本社:東京都渋谷区、代表 ...(続きを読む)




posted by インテリアのことに at 19:21 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。